車やバイクの引っ越し準備

自動車やバイクを持っている人は、それぞれに応じた引っ越し準備が必要になります。
引っ越し準備と言っても、まずは、その自動車やバイクを引っ越し先に持っていくのかどうかをまず決める必要がありますね。
毎日の生活に欠かせない、という人もいれば、なくても別に構わない、という人もいるでしょう。

また、今現在どこに住んでいてどこに引っ越すのか、ということも密接に関わってきます。
車がなければ買い物にも行けない、という地域に引っ越すのであれば、移動手段の確保は必須でしょう。

けれど、今まではそうだったけれど、引っ越し先は電車やバスが発達している都心部で徒歩圏内に生活に必要な施設もたくさんある、という場合は、高い駐車場代を支払ってまで車を維持する必要はないかもしれません。

さて、それを踏まえた上で、廃車にするのであれば廃車手続きが必要です。
業者に依頼をして引き取ってもらい、ナンバープレートを返還して、廃車手続きと自動車税の抹消申告をしましょう。

さて、自動車やバイクの手続き関係の引っ越し準備には、いくつかしなくてはいけないことがあります。
まず、運転免許証の住所変更ですね。

これは、警察署や運転免許センターで行います。
免許証は、身分証明書として利用することも多いと思いますから、忘れずに手続きをしましょう。

次に、車の場合もバイクの場合も、陸運局、自動車検査登録事務所に行っての手続きがあります。
車もバイクも、住所変更をすることでナンバーが変わりますから、ナンバープレートを持参する必要があります。

その他、車の場合は、自動車税申告書や印鑑、車検証、自動車保管場所証明書、住民票を持っていく必要があります。
バイクはサイズによって必要な書類が変わりますので、事前に確かめるようにしましょう。

この時、1か月以内に発行された自動車保管場所証明書を持参する必要がありますから、あらかじめ自動車保管場所の変更手続きをしておくようにしてください。
これは、車庫証明書と呼ばれるもので、管轄の警察署で手続きをします。

自分の所有している土地に停めるのか、駐車場を借りるのかによって必要な書類は変わってきます。
書き洩れや間違いのない書類をそろえて提出した場合、大体1週間ほどで手続きが完了し、車庫証明が送られてきます。

これらの手続きを済ませることと、車やバイクをどのように引っ越し先に持っていくのか、ということを引っ越し準備の中で頭に入れておくようにしましょう。
自分で運転する場合は準備は必要ありませんが、業者に依頼する場合は、必要な時に手元に届いているよう早めの手配が必要です。

引っ越し準備の流れが気になる

引っ越しすることが決まったらまずは引っ越しする日を決めなければなりません。
多くの場合引っ越し業者を利用することになりますが、最初に見積もりを依頼する際には自分の希望する引っ越し日を予め決めておく必要があります。
平日でも大丈夫か、休日しか無理か、時間帯の希望なども決めておくと話がスムーズです。

繁盛記の場合希望通りの日程では引っ越しできないこともありますので、何日か予定候補の日をピックアップしておくと良いでしょう。
また現在賃貸アパートやマンションに住んでいる場合は出来るだけ早くに退去することを大家さんに伝えます。
解約の手続きが、引っ越し日に合わせて完了できるよう余裕を持って連絡を入れておいたほうが良いです。

同時に現在契約している電気、ガス、水道などの業者へ連絡を入れます。
電気や水道は引っ越し先の住所を伝えておくと業者のほうで新居ですぐ使える状態に手配してくれることもあります。
それから固定電話会社にインターネット会社、郵便局への連絡も必要です。

各種手続きの手配が済めば荷造りを始めなければいけません。
引っ越し業者を決める時、無料で段ボールを受け取っておくと荷造りが楽です。
荷造りの際は引っ越してすぐに使用したい生活用品などは、他の荷物とは別にわかりやすくまとめておくと便利です。

引っ越した当日というのは非常に疲れていますし、それでも簡単な調理や入浴はしなければいけません。
せめて軽く食事をとれるような食器類と調理器具、タオルや寝具などのアイテムはすぐに使えるように荷造りしておきたいですね。
それから引っ越しすることが決まったらご近所のお世話になった人たちへの挨拶も大切です。

知らないうちに引っ越してしまっていたという話はよくある話ですが、やはり慣れ親しんだ人にはきちんと挨拶をしてお別れをしたいものです。
引っ越し準備は思う以上に大変なこともありますが、荷造りする機会というのはそう多くあるものではありません。
片付けする絶好の機会にもなり得ます。

この機を利用して不用品をしっかり分別しておくと引っ越し先ではリフレッシュして快適な生活を手にすることができると思います。
片づけることで荷造りが楽しくなってくると思います。
大変だ大変だと思わず、荷造り自体を楽しみながら引っ越し準備をしていただきたいですね。

引っ越し準備を楽しめば引っ越しも非常に充実したものになり新しい生活も豊かなものになるように思います。
それから、荷造りした段ボールにはあとで中身がわかるように「衣類」「食器」などと明記しておくと便利ですよ。

 

本日のおすすめ記事
【 引っ越しやることリスト 】引っ越しの手順、節約のコツがわかる!
一人でも大丈夫、効率よく引っ越し準備をする方法